上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず初めに
開催位置4

まず初めに
運営・出展者のみなさま
見学者のみなさま
お忙しい中、誠にありがとうございました。
今一度、心よりお礼申し上げます。

まずは結果、報告の前に反省からいきたいと思います。
3日ほどいろいろ考えてみた結果
以下の結論に達しました

まずは失敗の大きな原因は
長年のマンネリ化と現在のECOユーザーにあわない運営方針
というところだったと思います
大まかに3つあげますと

1.参加人数について
まずは参加人数において過去最小の人数になってしまったのには
・参加しにくい体制にある
 景品が高額すぎる
 参加自体がエントリーであるため
 気軽に参加できるシステムではない
など多々あります
また順位づけといった要素もやはりECOにおいては難しい要素で
あったのも現状です

2.日時・場所の選定
 日時においても中途半端な休日設定
 場所においては気軽に行こうという位置にない

3.イベントのマンネリ化
 見学→投票という流れはどこか機械的な面があるのも現状
 純粋に庭を見るという点においてどこか離れてしまった
 面が浮き彫りに

以上の点が反省点になります。
このほかにも多くの原因がありましたが
3点の内容を挙げさせていただきました
また、荒らしなどの妨害があったにせよ
マンネリ化がおこっていたのが現状であり
荒らしがいなかったとしても本大会においては
大きな失敗要因があまりにも多かったといわざるおえません
ひとえに運営のおごりが今回の結果につながったと
いうのが答えではないでしょうか。


今後の動向としては
すでに庭博というイベントもあり
当初の目的でもある
・庭コンの代わりとなる企画運営(私の前に2回ほどあった)
・家具販売の収益の還元
・楽しめる運営企画
といった面に反するというのもあり
当面は庭コンという形での運営は行わないところで
ございます。

今後の課題としては
今までのデータベースを元に家具の使用・種類
使い方などの検証
などを目標として行うところでございます。

また、ちがった形で庭コンとはべつの庭に関するイベント運営
を考えていくところでございます。
いくつかの手法を考えてはありますが
それは後ほどイベントとして出してみたいと思います。

以上、反省になります。

さてさて
結果発表ではありますが
今回、出展庭も少ないながら技術的な面
また、新規家具から今までの既存の家具の使用に
おいて目を見張るものがありました。
家具の種類の紹介等とあわせて
結果発表として行いますので少々お時間をいただきます。
第一回目は8・9日までには上げたいとおもいますので
よろしくお願いいたします。

それではお楽しみに♪
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。