上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは~
いろいろ作業してたら3時とか・・・・・
何かと趣味とか本を呼んでたりするとあっという間に・・・・

さてさて~
言い訳はそのくらいにしてっと
まずは庭の形態について簡単にお話しようと思います。
また、マナーにつきましては次回にお書きいたします。

大まかに飛空庭は外庭と家の中に分かれております。
家は家具職人から家をもらうことによって内装を設置できます。

まずは、基本形態としまして、庭付き一戸建てのマイホーム♪
第4回11-1

第4回11-4

庭・内装と非常に生活観あふれる形ではありますが・・・・
問題は設置数の壁
100個までしか設置出来ないのでどちらか一方に凝りすぎると
中途半端に 。°(。>_<。)°。
なんてことにも・・・・・
しかし、家の種類も豊富にあり作成出来る家や家の色変更によって
様々な情景を作成することができること
また、店舗としての利用、BAR、喫茶など
憩いの場として一番利用されている形態であります。

さてお次は
外庭のみ オープンスペースのご説明
庭魂7-1

家を設置しない分
家具設置制限(100個)・設置面積をふんだんに利用した開放的な庭を
作ることが出来ます。
内装に設置数をとられない分、自由度の高い庭が作れます。
ただその分、玄人さん向けの形でもあります。
やはり自分なりのコンセプト・表現力
なにより全体のバランス作りが難しいところです。

外庭のおもしろい例としまして・・・・・
そう!!

第4回9-1

ログハウス!!
家を作ってしまう方もいらっしゃれば

庭魂8-4

温泉なんてのも!!

開放的な空間だけあり自由気ままに作れるのが
オープンスペースの強みでもあります。


こ~んな感じに無限の魅力を秘めているのがECOの庭♪

冒険の合間に、ちょっと疲れたときに
また、将来こんな家がいいな~でもいいんです♪
自分なりの空間をみなさんも作ってみませんか♪
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。