上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず初めに
開催位置4

まず初めに
運営・出展者のみなさま
見学者のみなさま
お忙しい中、誠にありがとうございました。
今一度、心よりお礼申し上げます。

まずは結果、報告の前に反省からいきたいと思います。
3日ほどいろいろ考えてみた結果
以下の結論に達しました

まずは失敗の大きな原因は
長年のマンネリ化と現在のECOユーザーにあわない運営方針
というところだったと思います
大まかに3つあげますと

1.参加人数について
まずは参加人数において過去最小の人数になってしまったのには
・参加しにくい体制にある
 景品が高額すぎる
 参加自体がエントリーであるため
 気軽に参加できるシステムではない
など多々あります
また順位づけといった要素もやはりECOにおいては難しい要素で
あったのも現状です

2.日時・場所の選定
 日時においても中途半端な休日設定
 場所においては気軽に行こうという位置にない

3.イベントのマンネリ化
 見学→投票という流れはどこか機械的な面があるのも現状
 純粋に庭を見るという点においてどこか離れてしまった
 面が浮き彫りに

以上の点が反省点になります。
このほかにも多くの原因がありましたが
3点の内容を挙げさせていただきました
また、荒らしなどの妨害があったにせよ
マンネリ化がおこっていたのが現状であり
荒らしがいなかったとしても本大会においては
大きな失敗要因があまりにも多かったといわざるおえません
ひとえに運営のおごりが今回の結果につながったと
いうのが答えではないでしょうか。


今後の動向としては
すでに庭博というイベントもあり
当初の目的でもある
・庭コンの代わりとなる企画運営(私の前に2回ほどあった)
・家具販売の収益の還元
・楽しめる運営企画
といった面に反するというのもあり
当面は庭コンという形での運営は行わないところで
ございます。

今後の課題としては
今までのデータベースを元に家具の使用・種類
使い方などの検証
などを目標として行うところでございます。

また、ちがった形で庭コンとはべつの庭に関するイベント運営
を考えていくところでございます。
いくつかの手法を考えてはありますが
それは後ほどイベントとして出してみたいと思います。

以上、反省になります。

さてさて
結果発表ではありますが
今回、出展庭も少ないながら技術的な面
また、新規家具から今までの既存の家具の使用に
おいて目を見張るものがありました。
家具の種類の紹介等とあわせて
結果発表として行いますので少々お時間をいただきます。
第一回目は8・9日までには上げたいとおもいますので
よろしくお願いいたします。

それではお楽しみに♪
スポンサーサイト
冬籠鬼荒屋
ふゆごもりおにのあばらや

さて・・・・
実は
作った記事消してあわあわしてましたが何とか復帰
なにしてんだかで

さて、遅くなってしまいましたがまずは
冬籠鬼荒屋 をどうぞご堪能くださいませ

和風家具と梁の妙技をどうぞ♪

外庭
第5-1-1
家は わらぶき屋根の家 
お月見すすきと雪のゲレンデの取り合わせもなかなか
雪の深深と降る情景はどこか物悲しい雰囲気であります
荒涼とした景色
家の中はどんな内装なのかどきどきしてしまいます
第5-1-2
家の裏には草のフィギュアが軒下に
冬の景色の中に芽吹く緑は
なんともはかなげでいとおしくも感じられます
第5-1-3

内装
第5ー1-4
中央には おばあちゃんのいろり
それを取り囲むように天上には梁がめぐらしてあります。
梁の作成と材料はのちほど別記いたしますが
和風家具と既存の家具を使用した取り合わせで
和を表現できるのはすばらしいですね
第5-1-5
全体的に梁といろりをメインにし
遮蔽物を極力少なくしているので
梁のせいで見えにくいこともなく
調和が取れています

東北の遠野の古民家のような雰囲気
家具でおばあちゃんとか・・・・
ほしくなっちゃうのはだめでしょうかw

最近では旅行先でも
いろりを囲んでの振る舞いなどもありますが
いろりの火をみつつ語り合うのも
いいものですね♪

第5-1-6
寝屋も完備しており
ぼんぼり
屏風(ひな祭り)
のほのかな光が温かく包んでくれます
敷布団とゼブラの敷物の取り合わせの豪華使用も
寒いこの冬でもぬくぬくしてしまいそうです♪
第5-1-7

やはり梁の演出のすばらしさはお見事!!
このほかにも壁の種類によってもいろいろと派生もできそうなので
和だけでなく洋とのとりあわせにも使用できそうなので
いろいろ試してみたくなっちゃいますね♪
2.茜色に染まる私立聖ネコマタ女学院

こんばんは~
「なつかしの学び舎」を利用した珍しい庭に
家の中ではいまいち用途に制限があるため
人気がいまいちな家具ですが!!
実はとても家の中ではこっている家具
ちなみにチケット第12弾の一等賞品
最後のチケット販売の品でした。

さて、よ~くみてもらうとわかるのですが
外観も愛くるしい仕様ながら
ガラス越しから見える内部のこった仕様はなんとも
また構造が木造をいうのもなんとも味がありますね♪

第5ー2-1

庭の裏にはなつかしの
朝顔
これをみるたびに
夏休み前の大量の私物回収を思い出すのは
わたしだけじゃ
ないはず・・・・

第5-2-2

入り口には正門もちゃんと完備!!
不審人物から遅刻者までシャットアウト!!
ちなみに
入ってすぐのイケメンには要注意です

第5-2-3

内装
第5-2-4

中はただいま授業中♪
ちなみに全種のねこちゃんが・・・・
なつかしのファミマ緑ちゃんも♪
そしてみけちゃんはノリノリ
さすが得意科目だけあって
なんだかのりにのってるようです

第5-2-5

第5-2-6

この教室をみているとなんとも
きっと空は隠れて
弁当を・・・
とか
ネコマタの個性にあった設定が
おもわずにやりとしちゃいますね♪
ちなみに白が・・・・
後ろの席なのが・・・・
いえ
なんでもありませんw
3.男達のメイド喫茶 ~老舗あぶや~

どもども~
やっといろいろ落ち着き・・・
休日出勤も解消されなんとか・・・
長い戦いだった・・・・
でもまた・・・・
来週は・・・・
忘年会ラッシュというグデングデンになる楽しい?
季節に
飲めない人間にはつらい季節になります

さてさて
3庭目として老舗あぶやをご紹介

そう・・・
いまのわたしにとって
ここでぐだ~っとしたいのが
最高の幸せかもしれません

第5-3-1

さて、愚痴はそこそこ庭の紹介
しってるかたもいらっしゃるかと思いますが
そう
アップタウンの公開庭のひとつ
老舗あぶやさんでございます。

第5-3-2

前回同様シンプルな外庭
上空にはエミドラが・・・・

いるのは知ってるけど・・・
やっぱり気になりますね

第5-3-3

内装は落ち着いた雰囲気のBAR
ちなみに
名物はゴリラ茶となっておりますので
ご来店の際はぜひどうぞ

っと 庭紹介よりもなにか
お店自体の紹介になってますが

そう ここの醍醐味は
一度はいったらわかると思いますが
店長の会話がなんとも
まあ、一度 体験してもらえばわかるかと♪

第5-3-4

7割を客間に使用したゆったりスペースの空間
全体的に開放感がありみんなでわいわいしたいという
方にはなにかとうれしい形
間仕切りもないので視点変更も楽

配色も全体的に木質柄
ゆったりとした時をすごすには最適な感じに♪

第5-3-5

入って右側のスペースは3つの分かれたスペースになって
ますが、仕切りが高くないので周りとの隔離もなく
ゆったりとした空間を演出しています。

初めてでも入りやすい空間づくり
そして店長のおもしろさ?
体験していただけると
ありがたいものです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。